愛猫のコト

ニコとサン

niko-19

[ 選択の連続、決断 ]

肝臓の具合が劣悪です、と獣医師に告げられた後の数時間というもの
淀んでいた、心が(倒置法)

淀む水には芥溜まる、なんて諺にもあるんですから、ココは自身に内包さるる気、所謂気持ちを切り替えて
症状が発現する前に発見されて良かった、沈黙の臓器が沈黙してくれていて良かった、と思うに至った
発現と発見で韻を踏み、良かった至ったも少しく韻

 

処方された薬剤をニコに経口投与する以外に
出来る事はしよう、とインターネットを閲覧し具体策を模索、ある作戦を実行しようと決断した

 

ニコに給する御飯の変更である

 

身体に良い、特に肝臓をケアーするにはコレがピッタリという猫用フードが販売されているらしい
「それにするっきゃないっしょ」と取捨選択、ってこれがまた骨が折れる、あぁ難儀難儀

というのも、現世には多種多様の肝臓ケアーフードが出回っており、何を与えるのが最良、ベストであるのか皆目検討がつかず、私の心は五里霧中、と相成るのである
試しに “猫  肝臓  フード”と検索窓にタイピングの上、虫眼鏡のマークをクリックしてみて下さいまし
検索結果は366,000件にも上り、頭フラフラ目シパシパ、自身の臍の奥の匂いを嗅いだ時の様な表情になること必至である

肝臓ケアーフードの選択に悩んだ私は、専門家である獣医院のベテランナースに質問

「肝臓ケアーフードの件なんですけどね、色々あって悩んじゃって」
「今って何食べさせてんの?」
「今は*****ですが」
「そんなもん食わせてんの?もうちょっとイイのにしたら?」
「もうちょっと、とは?具体的にどういった商品が宜しいんでござんしょ」
「ウチにも療法食あるけど、高いし(貴様の様な貧民には到底手が出ないっしょ)さ、まぁ良さそうなのでイイんじゃない!?」
「その良さそうって具合が判然としないんで、オススメっつーか」
「オススメって言われても、合う合わないがあるしね」
「まぁそうなんですが」
「だから、試してみたら、何か良さそうなのを」

niko-20

相性が悪かった
ベテランナースはフランク且つ高圧的且つ肥満気味且つ口が少し臭かった

獣医院を尋ねるのは、何かしら心配事や不安を抱える人及び動物が多かろうと思う
他ならぬ私も、肝臓ケアーフードの選択で頭を悩ませていた
そういった前提、慮らなければならぬ事実を忘れ、まるで他人事の様な素っ頓狂な顔で、愚にも付かぬ返答をベテランナースはしたのである

 

 

ベテランナースも新人ナースの頃は違っていただろうに、と思った
初心という物は忘れてはいけません、と思った
可哀想な人間だ、とも思った

 

 

肝臓ケアーフードの選択の前に、別の選択をする事を選択した
獣医院の変更である

思い立ったが吉日、何処にお世話になろうかと“静岡市 猫 病院”と検索窓にタイピングの上、虫眼鏡のマークをクリックし愕然としたし、頭がガンガンした

検索結果は605,000件にも上ったのである

niko-23

「静岡市には獣医院がそんなに存在するんかい」と独り言ち
ふと見ると、ニコはガリガリ爪をとぐ

遣る瀬無いひと時にも、優しい眼差しのニコが傍に

 

S&K Household

静岡県静岡市清水区二の丸町7-7 #101
OPEN 11:00 – 19:00 / CLOSED on WEDNESDAY / PHONE 054-365-5111
商品に関するご質問やお問い合わせは、お電話またはメールにてお気軽にどうぞ

 

愛猫のコト|2016.05.17